盛岡フルート・オカリナ・アカデミーHPへお越しいただきましてありがとうございます

ファイフ

ファイフ

樹脂製の横笛

ファイフは樹脂製(プラスチック)で出来た横笛で音域は約2オクターブです。

フルートは頭部管、胴部管、足部管と3つに別れているものを組み立てますが、ファイフは胴部管と足部管が1つになり、頭部管とつなげる形になっています。

フルートの導入のために用いられることも多いようです。

全てを自分でコントロール

フルートより簡単そうに見えるファイフは、
フルートの入門楽器と言われることもありますが、
唇を拭き口に当てて息を入れただけでは音が出ません。
唇を息の出る形に作り、ちょうどいい角度で拭き口にあてないと音さえでません。これがオカリナやリコーダーと違い難しいことろです。

フルートは指の動きにキイ(指で押さえる部分)を連動させて音を変えていきますが、ファイフは全て自分の唇や息のコントロールで音を鳴らします。
すべてが自分のコントロール次第と、実はフルートよりも難しいです。

ではなぜフルートの入門楽器と呼ばれているかと言うと、
「簡単だから」ではなく、安価なため気軽に取り入れやすいことが理由だと思います。

まずはファイフから始めてフルートに移行するでも良いと思いますし、ファイフに魅了されこのままファイフを極めたいという方はそのままファイフを続けられるのもいいと思います。かえってこの一筋縄ではいかないファイフに愛着が湧くかもしれません。音域も広めですので曲を演奏するのにはそんなに困らないと思います。

ファイフのメーカーは2つ

ファイフは「アウロス」と「ヤマハ」の2つのメーカーから販売されています。
違いは大きく2ヶ所。

上・アウロス
下・ヤマハ

一つは右手人差し指で押さえる部分の穴の数と形状。
左端の穴から数えて、4番目の穴が違います。
アウロスは右手人差し指で抑える部分の穴が
大小2つ開いています。大きい方だけを塞ぐことで、
ファの♯(シャープ)の音を出すことができます。
ヤマハは穴の半分だけ塞ぎます。
どちらの楽器も管の裏側には、左手親指で塞ぐための穴が1つあります。


もう一つは歌口。
アウロスは平ら、ヤマハは波型です。

上・アウロス
下・ヤマハ

楽器(購入)について

My楽器をお持ちの方はご持参ください。

基本的にレッスン初回から購入した楽器をお持ちいただきます。

アウロスとヤマハの2つのメーカーがあります。どちらも樹脂製(プラスチック)です。
教室ではアウロスをおすすめしていますが、ヤマハでもOKです。
講師の感想ですが、ファの♯(シャープ)の操作性(音の出しやすさ)が比較的楽だと感じています。
どちらもネットで2,000円ほどで購入できるようです。
吹き比べたいという方は体験レッスンでどちらのファイフも試奏可能ですので、
お申し込み時に備考欄に「アウロス、ヤマハのファイフ吹き比べ希望」とご記入ください。
ご希望がない場合はアウロスでの体験レッスンになります。