盛岡フルート・オカリナ・アカデミーHPへお越しいただきましてありがとうございます

大人のためのレッスン

大人のためのレッスン

大人のためのレッスンは


大人の方の目的は、楽器を演奏することを楽しみたい、もっと上手くなりたい、自分だけの充実した時間を持ちたいなど思いは様々です。

当教室へお越しいただいた生徒さんの多くは楽器を触るのが始めての方々です。

まずは、お一人お一人の思いに寄り添いながら、その方にあったレッスンをしていきたいと考えております。

楽譜が読めるようになり、お好きな曲を演奏できるようになり、人前でも演奏しているなんていう新しい自分を発見できるお手伝いしていきたいと思っています。

オーケストラや吹奏楽などで経験のある方、今度はソリストという形で練習することになります。ソロで演奏する楽しみを味わっていただきたいと思います。

レッスンでは(初心者の方)


初めて楽器を吹いてみようと思っている方々、なんだか難しそう。。と思っていませんか?
そうです、難しいんです。
フルート、クリスタルフルート、ファイフは、息を出す口を作り、ちょうど良い角度で息を入れないと音が出ません。オカリナ、リコーダーは息を入れるととりあえず音は出ますが、美しい音色を響かせるのは、これまた難しい。そしてあの黒いオタマジャクシ(音符)、読めるようになるのかしらとちょっと尻込みしてしまいますよね。

難しいことが十分に理解できますから、なんでこんなことが出来ないの?とはなりません。楽譜が読めなくても大丈夫です。ゆっくりと確実に上達できるようにレッスンしていきます。

最初は童謡、唱歌など簡単な曲から始めますが、最終目標はご希望の曲を吹けるようになることです。憧れの曲を調べておいてください。ご相談していただければ曲のアドバイスもいたします。

レッスンでは(経験者の方)


経験者の方の中にはもっと上手く演奏できないかなとのお悩みで来てくださる方もいらっしゃいます。

上手く吹けない(聴こえない)のには理由があります。
音程やリズムなど意外と曖昧になっていることも多いようです。
リズムは作曲者からのメッセージです。「なんとなく」ではなくしっかりと読めるようになることで曲への理解も深まります。

音程もその楽器が綺麗に聞こえるための絶対条件です。

基礎を大切にしながら、上手く吹けるコツ、かっこよく聴こえる演奏の仕方などアドバイスします。

ご希望の曲でレッスンしていきますが、どんな曲が吹けるのか、どんな曲があるのかなどのアドバイスもいたします。ポップスや映画音楽、クラシック音楽など、素敵な曲がたくさんあります。音域の関係もありますが、どの楽器でも共通で演奏できる曲もあります。今まで演奏してこなかったジャンルの曲にもチャレンジしてみてください。

自宅での練習は


大人の方々は、レッスン室から出た後は仕事、家事、育児などやることがたくさん。自宅での練習はできなくてもOKだと考えています。
レッスンの時間を楽しんでいただき、しっかりとレッスンを受けていただければOKです。

一生懸命練習してきてくださる生徒さんもいらっしゃいます。これが演奏したい!とたくさんの曲を持って来てくださる方も。嬉しいことです。

その方にあったレッスンで、確実に上達していけるようにお手伝いいたします。

発表会について(その1)


1年に2回発表会を設けています。

どちらも強制ではありませんが、参加後はぐんと上達すると感じています。
このような機会がなければ、お客様に聴いていただくこともなかなかありません。
新しいご自分に出会えること確実。ぜひ参加していただきたいと思っております。


1つめの発表会は【ミニ演奏会】です。ご家族・親しい方をお招きして演奏を聴いていただきます。(といっても皆さんご家族に見られるのが恥ずかしいのか、ほとんどが生徒さんだけの小さな演奏会です)
岩手県公会堂21号室などのステージと観客の段差がない目の前が観客という形での演奏会です。演奏会後に皆さんでお茶会をしています。近年はお茶会+勉強会(先生からのワンポイントアドバイス)を行いました。

発表会(その2)


2つめは大きな【発表会】です。
ポスターなどで開催を一般の方にも告知して、マリオスの小ホールで開催しています。
多い時で60〜70人ほどのお客様におこしていだけています。少な〜いお客様の時もあります。

1人で演奏するなんてとんでもない!と思っている方でも気がつけば1人で演奏できています。

1人はどうしても不安という方は講師とのデュエットなどで演奏していただいております。

その他にも教室の中で仲良くなられた方々でのアンサンブル、デュエットなどの演奏も。

「緊張するから発表会に出るのはどうしよう。。」なんて終わった直後は思っていても、時期が来ると「今回はこの曲を演奏しよう」と、自然にそして積極的に想いをめぐらせてしまうのが、発表会の不思議な魅力です。